ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. CSR活動
  3. 事業継続の取り組み
ここから本文です。

事業継続の取り組み

方針

当社は、通信キャリア向けの受託ソフトウェア開発や運用監視等、災害時においても社会的責任を果たすことが求められる事業を遂行しています。そこで、関連するNECグループの組織とともに、事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)を策定し、訓練、レビューなどから継続的改善を図る事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)活動を実施しています。

NECグループ共通のBCPの基本方針は、以下のとおりです。

  1. 従業員など(構内作業者、来訪者含む)の生命・安全の確保
  2. NECとして求められる社会的責務の遂行
    ・通信、公共インフラ、交通、防衛、金融など基幹システムの維持・復旧
  3. 事業停止から生じる経営ダメージのミニマム化

体制

BCPの策定にあたっては、NECグループ推進体制のもと、グループとして備えるべき要件を反映したBCPのテンプレートを利用し、当社事業の要件を加味し最適化しています。

実際の災害時には、事業所単位の災害対策本部と、ラインとしての事業継続・復旧に責任を持つ事業部事業継続対策本部が連携をとって、災害の初動対応、事業復旧を行う体制をとっています。

主な活動実績

BCP訓練

当社では、従業員等の安否確認に使用する、NECグループ共通の「ONE NEC事業継続支援システム」を導入し、毎年1回以上、システムへの安否登録訓練を実施しています。またNECグループ合同で毎年実施される災害対策訓練にも全社事業継続対策本部と事業所災害対策本部が参加し、連携訓練等を実施しています。また並行して、定期的に事業部ごとの事業継続訓練を実施しています。

モニタリング・改善

毎年定期的に実施する各種訓練を通じて課題を抽出し、事業継続計画、災害対策計画や関連するマニュアルを適宜見直し、改善することによって、PDCAサイクルを回しています。

ページの先頭へ戻る