ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. CSR活動
  3. 地球環境のために
ここから本文です。

地球環境のために

環境方針

NECグループは2008年にビジョン2017を策定し、2017年に実現したい社会像・企業像を「人と地球にやさしい情報社会をイノベーションで実現するグローバルリーディングカンパニー」としています。 当社はこの方向性のもと環境方針を作成、この方針に従った環境経営を推進しています。

環境理念

日本電気通信システムは環境と調和するテクノロジーと環境にやさしい生産の追求をとおして自然のいとなみを尊重し世界の人々が人間性を十分に発揮できる豊かな社会と環境の実現に貢献します。

行動指針

日本電気通信システムは環境との調和を経営の最高課題のひとつとして企業活動の全域で一人ひとりが環境へのやさしさを優先して行動します。

  1. 生産、販売・物流、使用、廃棄などの段階で環境技術の開発・向上につとめ、環境保全に貢献できる資材・工法、再利用の積極的な導入をはかる。
  2. 国・地方自治体などの環境規制を遵守することはもとより、自主管理基準を設定し、環境管理レベルの向上につとめる。
  3. 全員への環境教育を徹底し、環境への意識向上をはかると共に、地球的規模の視点に立った環境保全活動により社会に貢献する。
  4. 分担役員を頂点とした環境管理の組織・運営制度を整備し、責任所在の明確化をはかると共に、常に最新の環境規範にしておく。
  5. 環境監査により活動を確認して改善施策を実行し、自主管理の維持向上につとめる。
  6. 開発した環境の技術・管理手法を積極的に公開し、環境保全に貢献する。
2016年5月13日      日本電気通信システム株式会社

体制

JQA-E-90066W

当社は、社長を委員長、環境担当役員を副委員長、事業部長以上をメンバーとする環境経営委員会を頂点とし、環境管理責任者が実行上の責任者として環境経営を統括・推進しています。
また、事業に密着した事業部ごとの環境経営活動(縦軸)と事業所ごとの部門横断活動(横軸)のマトリックスで環境経営を推進しています。なお、当社は、2003年にISO14001の認証を本社地区で取得し、2005年には全社に拡大し、全従業員で環境経営を推進しています。

体制図

主な活動実績

当社は、環境方針に基づき以下に示す7つの目標項目を掲げ、環境経営を推進しています。

  1. 全社のISO14001運営の維持・改善
  2. コンプライアンスの徹底
  3. 環境意識啓発
  4. 環境配慮型製品の開発
  5. 事業環境負荷の削減
  6. 省エネルギー活動
  7. 省資源活動

当社の活動実績詳細については、環境報告書をご覧下さい。

モニタリング・改善

当社では、環境マネジメントの運用状態に関し、年1回の点検と、月次点検の組合せによりPDCAを回しています。
年1回の点検は、4月に社長及び環境担当役員によるマネジメントレビュー、9月に内部環境監査、1月にNECのCEAR登録環境審査員による第二者監査を実施しています。
月次点検では、環境経営に関わる目標値と施策等の実施状況の実績を確認しています。

ページの先頭へ戻る