ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. CSR活動
  3. 品質向上への取り組み
ここから本文です。

品質向上への取り組み

当社は、NECグループの一員として「ベタープロダクツ・ベターサービス」をモットーに、お客様の満足する製品・ソリューション・サービスの提供を常に心がけています。止まることを許されない社会インフラである通信ネットワークの開発に長年携わってきた当社では、お客様に提供する製品・ソリューション等の品質に対して徹底的にこだわっており、当社の存在価値がこの品質の高さにあるという意識をもって、「品質を文化に」というスローガンのもと、日々品質向上に取り組んでいます。

品質推進体制

当社では、「全社品質会議」「品質・安全性委員会」などの会議体に加え、全社の品質管理を統括する部門として「品質推進本部」を置き、各事業部の開発やSE/SIと連携しながら、業務プロセスの改善、プロジェクトマネジメントの向上、開発技術力の強化などに取り組んでいます。

主な活動内容

  • 全社横断的な品質改善活動として、「Robust塾」を立ち上げて、現場の技術者に役員・幹部が直接指導と対話を行い、品質へのこだわり、強固なマインドの醸成を図っています。 また、各職場がプロジェクト固有の課題や技術力・チーム力強化などに取り組む、「現場革新推進活動」を実施しており、定期的に発表の場を設けることで成功事例やノウハウ等を共有し、全社的なレベルアップを図っています。
    さらに、ソフトウェア開発の現場では、当社独自の開発支援ツール、検証ツールなどの最新のソフトウェア・エンジニアリングを活用することで、効率化、品質向上を実現しています。

モニタリング・改善

  • 当社ではISO9001「品質マネジメントシステム」に基づく品質管理体制を構築し、そのPDCAサイクルにおいて毎年定期的な内部監査を実施しています。また外部審査機関「(財)日本品質保証機構」(JQA)による審査も定期的に受審し、適切な品質推進体制を維持しています。

ページの先頭へ戻る