ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NEC通信システム
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > News > 2011年6月6日
News
ページ共通メニューここまで。

無駄な消費電力量を削減するRadio-On-Demand Networksの技術開発について

平成23年6月6日

 弊社は、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、千葉大学、九州工業大学、関西大学と共に、家庭やオフィスで使われている無線LAN機器の“つけっぱなし”や“無駄遣い”を抑える無線LAN通信システム(Radio-On-Demand Networks 技術)の技術開発に取り組んでいます。

 このプロジェクトは、平成22年度予算「地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業(PREDICT)」の一環として平成22年7月に総務省に採択されたもので、世界的な地球温暖化対策に貢献する情報通信技術(ICT)分野のイノベーション創出とそれによって得られた成果による大幅な省エネルギー化、CO2排出削減を目的としています。

 当研究グループの試算では、このシステムにより無線LANアクセスポイント一台あたりの消費電力量を75%以上削減し、国内の1家庭の平均年間消費電力量の約1.4%の削減効果が得られると見込んでいます。今後、このシステムの普及により2013年には国内全体でおよそ3億2900万kWh/年以上の消費電力量の削減が期待されます。

 この無線LANアクセスポイントの試作機を、2011年6月6日~8日に開催された国際会議IEEE ICC 2011のExhibitionに出展しました。

Radio-On-Demand Networks概要図

Radio-On-Demand Networks概要図

Copyright NEC Communication Systems, Ltd. All rights reserved.