ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NEC通信システム
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > News > 2013年8月26日
News
ページ共通メニューここまで。

NEC通信システムが応募した研究開発案件が、平成25年度の総務省「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)電波有効利用促進型研究開発」に採択されました

平成25年8月26日

【提案テーマ名】
 電波資源有効利用のための包絡線検波を用いたフレーム衝突検出と衝突抑制制御技術の研究開発

【概要】
 本研究開発課題は、無線フレームの衝突を検出する手法の研究開発と、衝突を抑制する手法の研究開発を実施します。まず、初年度で衝突検出アルゴリズムを検討し、シミュレーションによって実行可能性を検証します。また、衝突評価システムを構築し、衝突を抑制するためのパラメータについて衝突抑制効果を実験とシミュレーションの両方で検証します。次年度では衝突検出アルゴリズムを動作させる衝突検出センサの試作開発を行い、衝突を抑制するパラメータ制御技術を確立し、その技術を搭載した衝突抑制無線LAN通信機を試作開発します。そして、最終年度でシステムとして統合開発したあと、実環境での効果を実証実験にて確認します。
 なお、全応募件数313件に対して採択数は93件であり、そのうち、電波有効利用促進型研究開発(フェーズⅠ)の採択件数は9件でした。

  ※SCOPE:Strategic Information and Communications R&D Promotion Programme

【関連リンク】
 平成25年度ICT分野の競争的資金「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」に係る研究開発課題の公募の結果

Copyright NEC Communication Systems, Ltd. All rights reserved.