ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NEC通信システム
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > News > 2015年11月17日
News
ページ共通メニューここまで。

「ET/IoT総合技術展」で開催される「ET/IoT Technology アワード」で
『IoT Technology優秀賞』を受賞しました

IoT Technology優秀賞


一般社団法人 組込みシステム技術協会が主催する「ET/IoT総合技術展(2015年11月18日から20日)」で開催される「ET/IoT Technology アワード」において、日本電気通信システム株式会社(以下NEC通信システム)の「オンデマンド型無線ネットワーク」がIoT Technology優秀賞を受賞しました。

今回受賞したオンデマンド型無線ネットワークは、IoTを実現するために重要な構成要素であるネットワークに適用され、IoTデバイスの省電力化や柔軟なネットワーク構築に寄与するものです。

このたびの受賞は、NEC通信システムが保有する技術の新規性および市場へのインパクトが評価されたものと考えています。

 

「オンデマンド型無線ネットワーク」について

従来の間欠動作による無線ネットワークの省電力化方式で課題となっていた省電力性能と応答性能を両立する無線ネットワーク技術です。独自のフレーム長変調方式によって低消費電力(従来比1/100以下:当社調べ)で無線信号を待受けるウェイクアップレシーバ機能をIoTデバイスに搭載することで、通信機会が発生した時だけ宛先の無線通信端末を無線信号でウェイクアップし、データ通信を行います。本技術により、無駄な電力消費がなく、かつ、高速なセンサデータ収集や機器制御が可能となります。

本技術は、IoTデバイスの省電力化に寄与するだけでなく、任意の時間にデータ収集/制御を素早く実行することにより、データを効率よく収集するネットワークを実現します。アドホック/マルチホップ型では、IoTデバイスが条件の良い無線経路を自動選択、自律的に無線ネットワークを構築するため、広範囲に設置されたIoTデバイスからデータを収集することができます。また、ドライブバイ型では、自動車や人など移動体の接近を契機にIoTデバイスを起動させてセンサデータを収集します。IoTゲートウェイを固定的に設置する必要がないため、設置コストおよび回線費用などの運用コストを削減できます。

NEC通信システムは、今回の「オンデマンド型無線ネットワーク」技術をはじめとした最先端の「通信」および「組込み」技術により、IoT時代に求められる多彩なニーズに応えることで、便利・快適・安心・安全に対する新たな価値を創造し、より豊かな生活・暮らしの実現に貢献します。

関連リンク

『Embedded Technology 2015』出展のご案内

Embedded Technology 2015に関するお問い合わせ窓口

NEC通信システム システム営業本部
   E-Mail:contact_iot@mls.ncos.nec.co.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Communication Systems, Ltd. All rights reserved.