ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. News
  3. 2017年6月5日
ここから本文です。

News

平成28年度 電子情報通信学会 「論文賞」を受賞

平成29年6月1日に行われた、一般社団法人 電子情報通信学会 平成29年定時社員総会において、当社が共同執筆したオンデマンド型無線ネットワークに関する論文が平成28年度「論文賞」を受賞しました。電子情報通信学会「論文賞」は、電子工学および情報通信に関する学問技術の発展に貢献する優秀な論文を表彰するものです。
当社は今後も、通信ネットワークの発展に寄与する技術開発に精励し、社会に貢献して参ります。

受賞内容

題名 「ROD-SAN: Energy-efficient and High-response Wireless Sensor and Actuator Networks employing Wake-up Receiver」
(平成28年9月号電子情報通信学会英文論文誌B 採録論文)
著者 関西大学(四方 博之氏、川本 貴大氏)
国際電気通信基礎技術研究所(長谷川 晃朗氏)
九州工業大学(池永 全志氏)
NEC通信システム(阿部 憲一、江連 裕一郎、伊藤 哲也)
概要 当社が推進した省電力無線ネットワークである、オンデマンド型無線ネットワークの方式提案からシミュレーション、試作開発、実証による優位性の検証までの報告論文。
受賞理由
  1. システム提案の斬新さ、システム設計の独創性
  2. シミュレーションから試作機を用いた大規模実験による実用性の確認まで幅広い検証の実施
  3. 省電力・高応答無線通信ネットワークの実現に大きく寄与すること

ページの先頭へ戻る