ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NEC NEC通信システム
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ホーム > プレスリリース > 2007年5月9日
プレスリリース
ページ共通メニューここまで。

24Kバイトで構築したIPv4/IPv6対応のミドルウェアの開発について
~白物家電などインターネットで遠隔操作するユビキタス社会の実現を~

平成19年5月9日

報道関係各位

NECエレクトロニクス株式会社
日本電気通信システム株式会社

 日本電気通信システム株式会社(社長:鷹司尚武、本社:東京都港区 以下、NEC通信システム)およびNECエレクトロニクスはこのたび、白物家電やホームセキュリティ機器などの組込み機器を遠隔操作するためのインターネット接続プロトコルの分野において、共同で事業を推進することで合意いたしました。
 この合意に基づきNEC通信システムは、ミドルウェア「IPv4/IPv6デュアルスタックプロトコル(注1)」を開発いたしました。開発されたミドルウェアは、(1) 現行のインターネットプロトコルであるIPv4に加え、将来普及が見込まれているIPv6にも対応しているため、ユーザーはIPv6対応のシステムへ容易に移行できること、(2)従来、通信機器向けなどに構築された大規模ミドルウェアを組込み機器向けにチューニングしたことにより、業界で最も小さい24Kバイトというプログラムサイズを実現しているため、白物家電やAV機器など16ビットマイコンを搭載した製品のシステム構築に最適となっていること、(3)標準的なAPI(注2)を有しているため、既存のアプリケーションソフトウェアとの移植親和性が高く開発期間の短縮が可能であること、などの特長を有しております。NEC通信システムは、新開発のミドルウェアをセットメーカーに向けて本年夏より発売する計画であります。
 一方、NECエレクトロニクスは、新開発のミドルウェアを自社製16ビットマイコン「78K0R」に搭載した通信モジュールを開発いたしました。この通信モジュールは、部品点数を極力低減することにより名刺の約1/2となる小型化を実現していること、他社同等品と比較して約1/2の低消費電力化を実現している78K0Rの搭載により、低消費電力化が図れていること、などの特長を有しております。本通信モジュールにより、ユーザーは、白物家電等にネットワーク機能を容易に付加することが可能になります。本通信モジュールは、株式会社アプリケーション(社長:小堀秀男、本社:東京都町田市)から発売される予定ですが、手始めにNECエレクトロニクス製TCP/IPスタックや、ソフトウェア開発環境などを同梱の上、評価キットとして本年5月末より発売される予定であります。

 近年、より豊かな生活環境やより安全な住環境を求め、エアコンや給湯システムのスイッチのオン/オフ、ドアや窓の開閉などの集中管理および遠隔操作等に対するニーズが高まってまいりました。これらのニーズに対応するために、現在、エアコンなどの製品をインターネットに接続し、インターネットを介して装置を操作するシステムが普及する過程にあります。現在、装置のインターネット接続はIPv4という規格が主流として採用されておりますが、インターネットへ接続するシステムが爆発的に増え続けているため、この規格ではアドレスが枯渇しており、市場ではアドレスが豊富な次世代のIPv6規格へ移行することが期待されております。しかしながらIPv6規格に対応するシステムを構築するソフトウェアは複雑であるため、エアコンや給湯システムなどに搭載される16ビットマイコンクラスにはそのプログラムサイズの大きなソフトウェアを搭載することが困難とされております。
 このような状況のなか、通信プロトコルに関する高い技術の蓄積を有するNEC通信システムと世界有数のマイコンメーカーであるNECエレクトロニクスはお互いの技術を持ち寄り、特に遠隔操作などを必要とする組込み機器分野に対して協力して事業を展開することにしたものであります。

 両社は、新開発のミドルウェアおよび通信モジュールがより豊かな生活、安全な生活を実現する手段として最適な製品であると考えており、開発活動を推進するとともに、これらを必要とする応用分野に対して積極的な販売活動を展開することにしております。また両社は今後もユーザーに、より効率良くシステムの開発ができる環境を提供するべく、連携を図る所存です。
 なお両社は、本年5月16日~5月18日、東京ビッグサイトにて開催される「第10回組込みシステム開発技術展(ESEC)」において両社のブース内で新製品のデモンストレーションを行う予定であります。

「IPv4/IPv6デュアルスタックプロトコル」の主な仕様

通信モジュールの主な仕様

以上

注1:IPv4/IPv6デュアルスタックプロトコル
インターネットやLAN上で使われる標準的な通信プロトコルであるIPv4と、その次世代版となるIPv6の両方のネットワークに対応できるTCP/IP通信プロトコルスタック。

注2:API (Application Program Interface)
OSやミドルウェア向けのソフトウェアを開発する際に使用できる命令や関数の集合のこと。一般的にAPIと呼ばれる。

評価キットの仕様は別紙をご参照ください。


関連リンク

NECエレクトロニクス ホームページ

製品情報:78K0R/Kx3マイクロコントローラ (マイコン)

この発表に関する報道関係からの問い合わせ先

日本電気通信システム株式会社
企画部 広報担当

お問合せはこちら

この発表に関するお客様からの問い合わせ先

日本電気通信システム株式会社
営業本部

お問合せはこちら

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Communication Systems, Ltd. All rights reserved.