ページの先頭です。
ここから本文です。

仕事・キャリア

教育プログラム

セルフディベロップメント(自らの意思で自らの能力開発をはかるという考え方)を基本に、「NEC Way(企業理念)」の実践をとおして、事業に貢献する人材づくりをめざしています。
また、顧客起点で常に行動し、社会価値を創造し続けることのできる社員の育成と組織風土・文化の醸成をめざしています。(NECグループ共通の「NEC Way(企業理念)」「人財哲学」を参照)

教育体系図

全員社員が対象となる「総合教育」と職種に応じた「技術教育」で構成されています。
「総合教育」は、社員一人ひとりの成長とスキルアップを目的にしたものから、昇格時あるいは選抜によって受講するものまで多様な研修メニューを揃えています。
また、「技術教育」は、各分野での専門性を磨きプロフェッショナルをめざすための研修群です。これらの中から主要なものをいくつかを紹介します。

教育体系図

新入社員

導入研修

ビジネスマナー等をはじめとする社会人としての基礎能力を養成します。
また、技術研修(資格取得対策、基礎技術研修)、英語力強化教育も行います。

OJT【On the Job Training】

人財育成方針(人を育てる風土の定着)に沿って、チューターを中心に職場ぐるみで積極的に新入社員に関わり、基礎実務能力を育成します。
OJTの支援策として、チューターに対し効果的な後輩指導につながる研修を提供します。

グローバル

語学力のみならず、海外(新興国中心)で異文化対応スキルやビジネススキルを身につける実践的なプログラムがあります。

英語力向上トレーニング

グローバルに活躍が求められる若手社員の英語力を早期かつ短期的に強化するため、入社1年目社員、2年目社員に対しトレーニングを行います。

海外研修

現地プロジェクトマネージャーのもと、現地エンジニアと協働し、ソフト開発業務(Mini Billing Systemの開発)を体験することで、グローバルで行われている開発手法の習得や異文化を体験します。

技術教育

新入社員研修以降も業務に必要な知識・スキルの習得を目的とした技術教育を実施していきます。例えば技術領域・技術レベルごとの教育を自ら選んで受講することが可能です。業務時間中に受講することも可能で、職場内における教育に対する意識は浸透しております。

資格取得

業務を遂行するうえでは、技術の基礎知識として資格取得およびレベルを向上することが必要です。そこで、当社では主に「情報処理」「ISV資格(ベンダー認定資格)」「NECプロフェッショナル認定制度(NECグループ独自の資格)」にフォーカスして、重点的な試験対策研修を実施しています。
また、TOEICなどの英語教育にも力を入れています。
教育受講費用は勿論、資格取得にかかわる費用は会社からの補助がありますので、是非、様々な資格・試験にチャレンジしてみてください。

主な資格所得者数 一例(2017年4月現在)

国家資格 人数
基本情報技術者
(第二種情報処理技術者 含む)
1061
応用情報技術者
(ソフトウェア開発技術者、第一種情報処理技術者 含む)
798
ネットワークスペシャリスト
(テクニカルエンジニア<ネットワーク>オンライン情報処理技術者 含む)
347
エンベデッドシステムスペシャリスト
(テクニカルエンジニア<エンベデッドシステム>マイコン応用エンジニア 含む)
93
プロジェクトマネージャ 61

NECプロフェッショナル認定制度

ビジネスの最大の経営資源は「人」であり、お客さまに真の価値を提供できる高度な専門性を備えた人材の育成が重要と考えています。このために、「NECプロフェッショナル認定制度(NEC Certified Professional)」(以後、NCP 認定制度)を導入しています。NCP 認定制度は、SE 人材、サービス人材など人材カテゴリーごとに、その専門性を市場価値に照らして4 つの階層に区分しています。さらに、人材カテゴリーごとに業務プロセスを分析して必要となる人材タイプを設定し、それぞれの人材タイプごとに達成目標となるスキルや業績の水準を詳細に定義しています。

プラクティス制度

高い成果を上げている人の特徴的な行動やスキルを分析して、「どのような働き方が成果に繋がるのか」「必要となる資格・語学などは何か」など成功事例を示したもの(プラクティスファイル)をベースにしたものが「プラクティス制度」です。この制度は「社員一人ひとりの意識・行動の変革を促進し、プロアクティブな輝く個人として最大の成果を達成していくことに、より寄与する」ことを目的に導入されたものです。

2WAYマネジメント

組織の目標と個人の目標のすり合わせについて、上司との双方向コミュニケーションにより、お互いが納得するまで話し合いを行うこと、これが2WAYマネジメントの基本であり、基本的なマネジメントスタイルです。

  • 職種
  • 教育プログラム