積載量可視化技術

空間の利用率を可視化

ユースケース

物流現場

日本の物流を担う輸送トラックコンテナの平均積載率は、40%に留まっているのが現状です。
コンテナ内の積載量を可視化・管理することで、利用率の改善に貢献できます。
また、走行中のトラック積載量もリアルタイムで把握できるので、空車状況の把握やお客様からお預かりする荷物の安全管理にも一役買っています。

倉庫管理

フリーロケーションの倉庫では、空きスペースや在庫の把握・有効活用は大きな課題のひとつです。
空きスペースや在庫の容量・位置情報を可視化し、また入荷時の荷物配置を可視化することで、入庫作業をより効率的・有効的にサポートします。さらに倉庫内空間の利用状況をリアルタイムに把握することにより、庫内荷物配置の最適化を実現できます。

他にも

荷物の3辺計測が可能なため、積み付けのための実寸取得のような場面でも活用することができます。

1台の3Dセンサだけで、昼夜を問わず測定を実現

1台の3Dセンサのみで計測し機材点数の省略化を実現します。

1台のセンサで対象物の3D深度(距離)情報を取得することができ、低コストで積載量を可視化します。設置するセンサーは、バースに固定して運用できるほか、倉庫内やトラック、航空機、船舶等のコンテナ内部に設置して運用も可能です。

光の差し込まない環境でも運用が可能

RGBのカメラと違い、3Dセンサは暗部でも撮影が可能なため、夜間や照明が少ないバースまたは走行中のコンテナ内でも照明が不要で積載量を可視化できます。

荷崩れなど、空間内の積載配置変化を検知可能

トラックコンテナ内に3Dセンサを設置した場合、走行中の荷崩れなど庫内の状況を把握・記録できるので、大切なお客様の荷物を輸送状況からチェックできます。万が一荷崩れが発生した際も、記録した情報から状況を確認することが可能です。

お問い合わせ・ダウンロード