サイト内の現在位置を表示しています。

Spline Network

Wi-Fi常時監視・診断分析ソリューション WiSAS(ワイサス)

現代社会では、多くの人がスマートデバイスやモバイルルータなどのWi-Fiデバイスを所有しており、企業の中にも持ち込まれています。そのため、セキュリティ対策が施された企業ネットワークでも、Wi-Fi環境で新たなセキュリティリスクが発生している恐れがあります。
Spline Network社(スプライン・ネットワーク社)のWiSAS(Wi-Fi Security Assurance Series:Wi-Fiセキュリティアシュアランスシリーズ)は、Wi-Fi環境を可視化・分析し、不正利用やサイバー攻撃による情報漏洩を防止します。

常時監視サービス/診断分析サービス
    •  
サービスイメージ

特長

導入が簡単

    • 監視対象エリアにセンサーを設置し、電源を入れるだけで監視開始
    • センサーからWiSASクラウド管理センターへの通信はLTE回線で行うため、お客様ネットワークは変更不要

運用が簡単

    • WiSASクラウド管理センターでセンサーが収集したデータを分析し、レポートにまとめて報告
    • セキュリティリスクを検出した場合はアラート通知・自動遮断 (常時監視サービスのみ、オプション)

情報漏洩リスクなし

    • センサーが収集するデータはWi-Fiのヘッダ情報のみ
    • WiSASクラウド管理センターへの送信時はデータを暗号化

サービス概要

常時監視サービス

Wi-Fi環境を24時間365日常時監視するサービスです。
セキュリティリスクを検出した場合は速やかにアラートを通知、自動遮断することも可能です。
また、監視結果をまとめた月次レポートはセキュリティ監査にもご活用いただけます。

WiSAS NORA(ワイサス ノラ)

常時監視のエントリーサービスです。
許可されていない不正なAP(野良AP)、及び不正なAPに接続した端末を検知します。

WiSAS 24H365D(ワイサス ニヨンサンロクゴ)

常時監視のスタンダードサービスです。
不正アクセスや情報流出につながるセキュリティリスクを検知します。

WiSAS 24H365D PLUS (ワイサス ニヨンサンロクゴ プラス)

WiSAS 24H365Dをベースに、さらに多くの監視項目を追加した常時監視のプレミアムサービスです。
クレジットカード業界が定めたセキュリティ要件、PCI DSS 要件11.1(※)の項目を満たしており、月次レポートはPCI DSSのQSA監査にも使用されています。

(※) PCI DSS 要件11.1:四半期ごとのテスト実施により無線アクセスポイントの存在を検出し(802.11)、承認/未承認の識別を行うプロセスを実施

診断分析サービス

Wi-Fi環境を一定期間調査し、Wi-Fi環境に潜む脆弱性を分析・可視化するワンショットサービスです。

WiSAS 脆弱性診断

調査対象のWi-Fi環境におけるAPや端末を可視化し、不正アクセスや情報流出につながるセキュリティリスクを分析します。