INTERVIEW

TELECOMMUNICATIONS

お客様の事業を支える。

その責任感が成長の原動力。
テレコム事業
Telecommunications
佐川 日香織
Sagawa Hikari
2016年 入社
  • 入社の決め手は
    社員の優しい人柄。
    学生時代にアルバイトで塾の講師をしていたこともあって、指導した生徒が成長する姿を見ることに喜びを感じ、初めは教職を目指していました。しかし、実習教育を体験して社会人の経験もないまま狭い世界で教員になるのではなく、広いビジネスの世界で働きたいと考えて方向転換。その中でもITは社会を支える社会貢献性の高い分野ですし、NECグループならいろいろな仕事に挑戦できると思って当社に興味を持ちました。しかも会社説明会や面接などで当社の社員と接すると話しやすくて優しい人が多く、「当社なら自分らしく働ける」と感じました。学生時代にITに関する知識はなく入社後にゼロから学ぶ必要があったので、職場の雰囲気も重視して入社を決意しました。その直観に間違いはなく、入社後はまず開発部に配属になりプログラミング言語の習得やネットワーク開発の全体の流れなどを丁寧に教えていただいたので、無理なくSEとしての知識を身につけることができました。
  • SEとして大手キャリア様の
    固定電話システムを構築する。
    現在は、SEとして大手キャリア様向け固定電話システムの提案から保守まで一連の業務に携わっています。具体的には一般家庭から掛けた電話や大手法人様のカスタマーセンター、テレフォンショッピングなど、皆様がよく利用されるサービスを実現するシステムの構築や改修に当たっています。他にも同事業部内では携帯電話の付加サービスなど電話に関連した様々な業務を行っています。
    主な業務内容は市場動向からお客様に最適なシステム/プリケーションの提案や、お客様に直接ヒアリングをしてニーズに即した提案を行っていきます。その後、各分野のプロフェッショナルの方と共に、システム設計/サーバー手配/工事/セットアップ/システム試験などを行い、サービス提供に至るまでのすべての工程を実行していきます。入社前は電話は繋がることが当たり前だと思っていましたが、24時間365日電話を繋げるために様々なシステムがあり、営業や工事、開発の方々などたくさんの人々が携わっています。その中で主要システムの中心として携われていることにやりがいを感じています。
  • PMを目指して
    経験値を積み専門知識も深めたい。
    当社では今、社員が活き活きと働くことで新しいことにチャレンジしていくムーブメントがあり、そのためのイベントなど積極的に参加しています。また、朝のミーティングや帰りのミーティングなどを実施し、部署内の情報共有の場を持つなどして、「仕事の見える化」や職場の活性化も図っています。そんな活気ある環境の中で、将来的にはプロジェクトマネージャー(PM)として活躍できるようにスキルアップを図りたいです。私の周りにはロールモデルとなる上司や先輩がいるので将来像を描きやすいのがありがたいです。そんな先輩方は専門知識も深く、様々な人とのコミュニケーション能力に優れています。お客様、営業、工事部門などの担当者と上手に連携しながら、誰もが納得できる答えを提示してプロジェクトを遂行させています。私もPMとして活躍するためにも、今後、多くの案件を担当して引き出しを増やすと同時に、専門知識も深めたいと考えています。具体的にはネットワークスペシャリストやOpenStack技術者認定資格などの取得するために勉強を始めたいと考えています。
  • SCHEDULE
    1日のスケジュール
      • 08:50
      • 出社/メールチェック、朝のミーティング
      • 09:30
      • 設計資料作成
      • 10:00
      • 休憩/リフレッシュ体操
      • 12:00
      • 昼食/自分のデスクで昼食を食べる
      • 13:00
      • 資料作成
      • 14:00
      • 進捗会議
      • 15:00
      • 休憩/リフレッシュ体操
      • 16:00
      • お客様向けの説明資料作成
      • 18:00
      • 帰りのミーティング、退社
  • OFF SHOT
    休日の過ごし方
    GWはカンボジアを満喫しました!
    休日には友人と映画やアフタヌーンティを楽しみにホテルに出かけることが多いです。おいしい紅茶とスイーツを食べていると幸せを感じられるのがいいですね。最近は身体を動かすことにも目覚めて、筋トレやランニングで心地よい汗を流しています。また、長期休暇ではよく海外旅行に出かけます。これまでも同期の友人たちとアジアなどを旅行し昨年のGWはカンボジアに。世界遺産にも登録されているアンコール・ワットに感動しました。