INTERVIEW

AUTOMOTIVE SOFTWARE

未来のクルマづくりに

貢献できるやりがいのある仕事。
車載事業
Automotive Software
藤原 丈久
Fujiwara Takehisa
2015年 入社
  • 大きな進化が期待できる
    クルマづくりに携わりたくて入社。
    当社に入社するきっかけは、自動運転などの話題がニュースになるなど、今後大きな進化が望める分野としてクルマの開発に興味を持ったことでした。しかし、自動車メーカーでは自社製品のみの開発に留まります。もっと様々なクルマの開発に携わりたいと考えて部品メーカーを調べていくうちに、クルマの進化に車載ソフトウェアの機能が大きく影響を及ぼすことを知りました。自動運転の実現など5年から10年先を考えると、さらに車載ソフトウェアの果たす役割は大きくなると考えて当社への入社を決めました。また、車載ソフトウェア事業への興味もさることながら、当社ならばどんな職業にも通用する社会人としての“型”を身につけられると感じたのも入社理由の一つです。この“型”とは、「挨拶やビジネスマナーを身につける」といった基本的なことだけでなく、「失敗に対して個人の責任を追及するのではなく、その原因を追究して対策を考える」といったビジネスの本質的なところをも含みます。それは当社の事業に対する姿勢や先輩社員と接して感じたことでした。もちろん、入社後、実際に働き始めてその直観に間違いがないこともわかりました。
  • 安全で環境にやさしい
    クルマづくりに貢献する。
    ある部品メーカーのトップが就職活動中の学生に対して送ったメッセージに「クルマ嫌いな人は大歓迎です」というものがあります。その意図しているところは、クルマは交通事故で人を殺すこともあり、地球を汚すから嫌いという人に、自分がクルマづくりに関わることで人を殺さない、地球も汚さないクルマを作ることを目指してほしいということです。私のクルマに対する考え方も、まさにその通りです。車載ソフトウェアの開発を通して、安全で環境に優しいクルマづくりに貢献することを目標に仕事に取り組んでいます。例えば入社後2年間携わっていた地図と位置情報に関するソフトウェアの開発。このソフトを実装したECU(Electronic Control Unit)はクルマがどの位置にいるのかを地図上で確認し、走行している先に下り坂がある場合は自動でブレーキ制御する機能などに役立ちます。こうした車載システムを制御するECUは現在でも平均20個以上も組み込まれていて、今後はさらに増加するといわれています。車載ソフトウェアはそれだけクルマの機能向上に寄与するものですから、事故を起こさない、環境を汚さない未来のクルマの開発に少しでも貢献したいと考えています。
  • ビジネスパーソンとして
    貴重な経験をしたインド研修。
    エンジニアは「まだないもの」を生み出すことが仕事です。その時に大切になるのは事象の捉え方だと思います。そういう意味で貴重な経験をしたのが入社2年目のインド研修でした。この研修には当社から9名参加したのですがみんな私の先輩。しかも当日成田空港で会うまでほとんど顔を合わせたことがない人ばかりでした。そんな緊張する場面からスタートした研修は、社会人として経験の浅い私にとって様々な気づきを与えてくれて、視野を広げさせてくれた貴重な時間でした。同研修ではインド人とプロジェクトを組んで仕事を進めたのですが、日本人とは考え方や価値観が全く異なりました。例えばシステムの要件を決めるのに、日本人のエンジニアは「これもやりますか、あれもやりますか」という発想をしますが、インド人のエンジニアは「これをやります、これはやりません。」という発想をします。その他にも異文化の違いを数々体験しましたが、日本人の価値観や日本の仕事の進め方がすべてではないことを知り、その後の社会人やエンジニアとして働くうえでインド研修での経験が活かされています。
  • SCHEDULE
    1日のスケジュール
      • 08:50
      • 出社
      • 09:00
      • メール確認/工数入力、1日のタスク確認
      • 10:00
      • 内部会議でチーム内のメンバーの進捗や
        作業内容を共有
      • 11:00
      • 設計書作成やソースコード作成
      • 12:00
      • 昼食/玉川事業場内の社食で
        ヘルシーセットを食べてダイエット中
      • 13:00
      • 検査仕様書作成や検査実施
      • 14:00
      • 外部会議/お客様と進捗確認や作業内容を確認
      • 15:00
      • 設計書作成、ソースコード作成、
        検査仕様書作成、検査実施など
      • 17:35
      • 休憩
      • 17:50
      • 翌日の作業用予定のメモ作成
      • 18:30
      • 夕食/玉川事業場内の社食を利用
      • 19:00
      • 退社
  • OFF SHOT
    休日の過ごし方
    ビール工場のワンショット!
    休日の朝は、まずサイフォンでコーヒーを淹れてゆっくり味わうことから始まります。最近のお気に入りは酸味と香りが強めのグァテマラです。昼間は小説を読んでリラックス。だいたいハードボイルドと恋愛小説を交互に読んで気分転換を図っています。そして夜はラム酒やウィスキーをたしなんでいます。お酒は好きですから、友人たちとビール工場に見学に行くなどプライベートを満喫しています。