INTERVIEW

INTERNET OF THINGS

手厚いサポートを受け

ゼロから成長できる環境に感謝。
IoT事業
Internet of Things
須藤 桃
Suto Momo
2016年 入社
  • さらに幅広い分野で貢献できる
    ITの可能性に魅力を感じて入社。
    大学ではITとまったく関係のない農学部で、食品が人間の健康に与える影響などを研究していました。そんな私がIT業界を選んだのは、将来的なITの進化を考えた選択でした。現在でもITは社会のあらゆる分野を支えていますが、IoTの浸透によって今後さらにソリューションが広がることは間違いありません。そんな今後のIT、特にIoTの大きな可能性を知ったのが、IT業界に興味を持つきっかけになりました。つまり、IoTによって農業を支援する仕事や食品づくりにも貢献できる可能性もあることを知って当社を選びました。IoT 分野では物流センター内の仕分け装置の開発の一部に携わることもできました。現在は携帯電話の基地局装置の開発で設計・試験などを担当しています。この基地局装置の一部の機能に対してLTEサービスの改善や問題発生時の対応などを行っています。先進的な装置の開発から生活に不可欠な携帯電話を使用する際になくてはならない装置の開発に、責任の大きさとともにやりがいを感じています。
  • 入社後の不安や知識不足を
    解消してくれたチュータのサポート。
    農学部出身ですから、入社当社は専門技術をはじめ業務の流れもまったくわかりませんでした。そんな私がSEとして一人前になれたのはチュータの方のおかげです。当社では新入社員には指導役のチュータがついて仕事のことや社会人としての悩みや不安に対し、適切なアドバイスをしてくれます。私にもベテラン社員のチュータの方がついてくれていたのですが、別のプロジェクトに配属されることになりました。ところがチュータの方は別のプロジェクトメンバーであるにも関わらず、いつも気にかけていただき私が作ったプログラミングのソースを一緒に確認し、間違っている部分を指摘していただきました。そんなサポートを受けることで、私の理解も進み、同じプロジェクトの人たちとも認識共有が図れるようになりました。今の私があるのは1年目のチュータの方の親身なサポートと適切なアドバイスがあったからだと感謝しています。
  • 変化を遂げる当社は
    様々なことにチャレンジできる環境。
    当社では今、全社を挙げ、社員が活き活きと働くことができるための活動を部署ごとに取り組んでいます。私も所属する部署の担当者として様々なイベントを企画・開催しました。例えば、JAL工場の見学会をはじめ、東京湾クルージングやボルダリングなどを行いました。これらのイベントは他部署の人も参加しましたし、お子さんを連れてくる社員の方もいて、皆さんに楽しんでいただけたと感じています。新事業へのチャレンジや社員が活き活きと働くための活動など当社は今、大きな転換期を迎えています。元々、当社は各分野のプロフェッショナルとして知識が豊富な方が多く、お互いに学び合う機会も多くある環境。そんな企業風土に加えて、各種イベントでより社員間の距離が近づいて交流が活発になっています。ですからITに関する知識がなくても学びやすくプロフェッショナルとして活躍できる環境ですから、ITで社会を支えたいという方はぜひ来ていたただきたいですね。
  • SCHEDULE
    1日のスケジュール
      • 08:35
      • 出社
      • 08:50
      • 業務開始/グループ内の朝礼に参加
      • 09:00
      • メールチェックと英語の勉強/
        上司からの英語レッスンメールに返信
      • 09:30
      • 協力会社との一日の業務の打ち合わせ
      • 11:45
      • 昼食/同期と社食でランチ
      • 14:00
      • 打ち合わせ/
        若手が中心になり、開催イベントの打ち合わせに参加
      • 16:00
      • 業務の進捗報告/
        業務状況を報告して明日の業務を整理
      • 17:35
      • 退社/ほとんどが定時、会社帰りにヨガに行くことも
  • OFF SHOT
    休日の過ごし方
    海外旅行で心身ともにリフレッシュしています!
    学生時代から旅行と食べることが大好きなので、社会人になった今も普段の休日は友人とおいしいレストランなどを探して出かけています。またGWや夏休みなどのまとまった休暇には、海外旅行を楽しんでいます。去年のGWは同期4人でカンボジアに行ってきました。現地のおいしいものをいっぱい食べるなど現地を満喫しました。今まではアジアやアメリカを旅してきたので、今度はトルコなどに行ってみたいですね。