INTERVIEW

SECURITY

お客様の経営や事業を

サポートする喜びがある仕事。
セキュリティ事業
Security
渡邊 誠人
Watanabe Masahito
2014年 入社
  • ネットワークに特化した
    事業特性に興味を持って入社。
    中学時代からITに関心があり、Webサイトの制作・運営をしていました。大学では化学を専攻しましたが、就職活動の際にも中学時代からの興味が消えることなく、IT業界で働きたいという想いが強くなりました。特にシステムの構築という「ものづくり」だけでなく、エンドユーザーの方がシステムを利用することで生まれる「コトづくり」や「体験づくり」(EXPERIENCE)にも貢献したいと考えたのも理由の一つです。また、化学を学んだ学生時代の実験で培ったトライアンドエラーの精神は、必ずシステム開発にも役立つと考えてIT業界を選びました。多くの企業がある業界の中でも、当社を選んだのはネットワークに特化した事業を展開している独自性と、Webインフラがどのようなカタチで支えているのかを自分の目で確かめたいということもあり、当社への入社を決めました。
  • セキュリティのプロとして
    2つのミッションを遂行する。
    私が担当している業務は、大きく分類すると2つに分けることができます。まず、1つはNECグループ内の全社員を対象にした技術サポートです。ルータ、スイッチ、無線機器、ファイアウォールなどネットワーク製品の技術サポートやトラブル解析、トレーニング講師をすることで、NECグループのサービス力の向上に寄与しています。具体的には各部門からの質問に対して実際の機器を用いて検証したり、海外メーカーに問い合わせて問題解決策をお教えしています。また、無線通信技術などのNECグループ内研修の講師として社内の技術力向上も図っています。もう一つのミッションは、官公庁や教育機関、交通、金融、製造、情報通信などの各分野の企業のお客様に対してネットワークシステム機器の提案・構築を行うことです。実は2年半ほどNECに出向した経験があり、その時にお客様に直に接しながらセキュリティソフトの営業活動に従事していました。その時の経験は、システム構築を通してお客様の事業成功や円滑な会社運営をサポートできるということを、身を持って体験しました。そのことをいつも意識しながら仕事に臨んでいます。
  • システムの技術評価など
    若手にも責任ある仕事を任せる文化。
    当社ではお客様に最適のネットワーク環境を提供するために、海外製品を活用することもあります。時には日本でまだ実績のない製品もあり、そんな時には技術評価を行います。私も以前、ある海外メーカーのシステムをNECのソリューションに組む込みために、どのような仕様や制限、機能や性能が実現できるのかを調査するチームの一員として参加しました。しかし、仕様書や資料もすべて英語。それらを読み込んで海外メーカーとも頻繁にメールでやりとりしながら検証を進め、機能検査を完了。機能的にも問題がないことが証明できたので、その後、多くのお客様に提案して高い評価を得ています。その時に感じたのはハードルの高い仕事でも粘り強く続けることで、新しい技術や知見を身につけ、確実に自分が成長できるということでした。その時の体験は自信につながっていますし、若い時からそんな重要な仕事を任せてくれた会社にも感謝しています。今後、セキュリティ分野はさらに重要度が増す分野ですから、つねに最新の技術を身につけてお客様の事業やエンドユーザーの快適な生活に貢献したいですね。
  • SCHEDULE
    1日のスケジュール
      • 08:50
      • 出社/メールチェック
      • 10:00
      • 顧客のネットワークトラブルをリモートで解析して解決を図る
      • 11:00
      • ネットワーク構築の手順書をレビューし、
        会議で課題解決策を探る
      • 11:45
      • 昼休み/社食のカツカレーが好物
      • 12:45
      • サーバ室で無線機器の設定を行い、
        挙動の試験を行う
      • 13:30
      • 無線機器の
        NECグループ向けトレーニング講師を行う
      • 17:20
      • 海外メーカーへ機器の詳細仕様の
        問い合わせメールを作成
      • 17:35
      • 退社
  • OFF SHOT
    休日の過ごし方
    吹奏楽で美しいハーモニーを奏でる。
    基本的に週末は中学時代から続けている吹奏楽の活動をしています。私が担当するのはユーフォニアムという金管楽器です。学生時代の仲間と社会人団体を結成して、年に3~4回ほどホールを借りて演奏会も開催しています。実は吹奏楽の活動も仕事に通じる部分があり、メンバーのスケジュール調整、譜面作成、練習場や演奏会のホールの確保などマネジメント力が求められる活動です。仕事のスキルをプライベートに活かしたり、逆に吹奏楽の活動での気づきを仕事にも活かしています。