ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. News
  3. 2018年4月20日
ここから本文です。

News

Japan IT Week春内 第7回 IoT/M2M展 春 出展のご案内

IoT/M2Mのロゴ

NEC通信システムでは、『第7回IoT/M2M展 春』(2018 Japan IT Week 春 内)において以下の展示を行います。
ぜひご来場くださいますようお願い申し上げます。

開催概要

展示会名 第7回IoT/M2M展 春 (2018 Japan IT Week 春 内)
会期 2018年5月9日(水)~5月11日(金) 10:00~18:00
※5月11日(金)のみ17:00終了
会場 東京ビッグサイト
主催 リード エグジビション ジャパン㈱
公式サイト http://www.m2m-expo.jp/
展示ブース NECグループブース(小間番号 西7-2)

展示概要

「屋内外をシームレスにらくらくモノ探し」

「資材監視ソリューション」と「AI映像監視 効率化ソリューション」を組み合わせて、資材位置や保管状況を監視するソリューションを展示します。

「資材監視ソリューション」について

資材と場所を紐付けて、資材がどこにあるかを管理するソリューションです。 GPSやビーコンを使って資材の位置情報を取得し、資材についているIDと紐付けを行う事で、資材の位置を管理し、作業の効率化を行います。

■特長

  • 複数の位置情報を利用することで、屋内・屋外両方での資材監視が可能
  • 資材に貼付のバーコード/QRコードを、そのまま資材監視に活用可能
  • 資材情報を一元管理し可視化することで、資材を探す工数の削減が可能

「AI映像監視 効率化ソリューション」について

監視カメラなどの映像に対して自動でインデックスを付与する事ができます。資材の保管作業時や資材移動時等における資材の状態を、AIと連携して映像から作業内容の場面を検出することで、資材の状態を映像から管理することができます。

■特長

  • 大量の映像データの中からAIと連携することで目的の場面に自動的にインデックスを貼ることが可能
  • インデックスされた場面のサムネイルが表示されているため、目的の場面を簡単に探す事ができ目的の場面を再生することが可能

展示内容

■位置情報と映像を利用した資材監視シーンのデモ

NECグループブース総合案内サイト

本出展に関するお問い合わせ窓口

NEC通信システム システム営業本部
E-Mail:contact_iot@mls.ncos.nec.co.jp

  • 主催者サイト(上記公式サイト)から事前登録の場合、入場料が無料となります。
  • 出展内容は予定です。予告なく変更になる場合がございます。

ページの先頭へ戻る